1628348294986[1]_edited.jpg

​御朱印授与に関するQ&A

​観音院からのお願い

​御朱印授与に関するQ&A

御朱印授与に関しまして皆さまから頂いたお問い合わせをQ&A形式で掲載させて頂きますので御朱印のご予約されます方は必ずお読みください。

Q. 通常の見開き御首題なのですが、見開きご朱印帳でないと対応はしないのですか?

A. ホームページの動画でもご案内させていただいておりますが、通常の御首題、見開き御首題でしたら見開きご朱印帳でなくても対応させていただきます。ただ、ご朱印帳が小さい場合、HPやインスタグラムで投稿させていただきましたオリジナルのご朱印のお曼陀羅はかなり大きいため、入りきらない場合は小さいお曼荼羅のご朱印になります。通常の見開きご朱印帳でない場合、ご予約当日書かせていただく場所をよく確認させていただいてからご納得の上、書かさせていただきます。
 

 

Q.ご朱印は予約制ですが、もらえるご朱印に制限とかはあるのですか?例えば、普通の御首題と観音シリーズと期間限定御首題の3体など一度には難しいのでしょうか?

A.観音院では、ご朱印は「ご参拝の証」という理念で授与させて頂いております。そのためご修行の証として1日一体のみをお書きしております。「短期間でたくさんのご朱印を集めるために通う」という方は申し訳ございませんが観音院では「ご参拝のご修行」としては認められません。観音院では観音さまに対するご自分の心の思いを手を合わせてお伝え頂くという事が大前提でございます。そのお気持ちが続く限り、ご無理のないペースで何年もかけご修行としてご参拝を重ねて頂き、その結果、ご修行の証として色々なご朱印を集めて頂きたいと思っております。そのご朱印を見返された時にご自身がご参拝された時の心の思いがご一緒によみがえられるようなそんなご参拝のご修行イメージでご来寺ください。


 

Q.予約したのですが、今回は急に予定が入り、行くことができなくなりました。自分の予約を友人や家族に譲っても大丈夫でしょうか?

A.大変申し訳ございませんが、皆様には平等にご予約を取っていただきたいため、予約枠の譲渡は例えご家族であってもお断りしております。ご理解の程宜しくお願い致します。

 

Q.人生相談を考えているのですが、御朱印授与の際やインスタグラムのダイレクトメールなどで軽い相談は乗っていただけるのでしょうか?

 

A.御朱印授与の際は次のご予約の方が控えられておりますため、長時間のお話は控えさせて頂いております。またインスタグラム等のダイレクトメールでのご相談は、どうしてもお伝えしたいことが上手に伝わらない場合がありますので、観音院では対面でのご相談に対応させていただいております。人生相談ご希望の方は直接、ホームページお問い合わせ欄からご連絡ください。

 

Q.池上に寄る機会が多いので、ご朱印授与以外でも大本山の参拝の後やお寺巡りの帰りにふらりと立ち寄って参拝してもよろしいですか?

 

A.観音院は、ご朱印授与並びにご参拝のみでありましても、予約制という形を取らさせていただいております。ご朱印ではなく、ご参拝のみでありましても、必ずホームページ内のご予約フォームでご予約の上、ご来寺下さい。

 

Q.ご朱印は見開きのご朱印帳でないと書いていただけないのでしょうか?

 

A.透かし絵の入ったご朱印は、すかし絵の特性上、通常サイズの見開きご朱印帳(縦約17.7㎝前後×横約24㎝前後)でしかご対応ができません。見開きのご朱印帳でない場合は、ホームページにも載せさせていただいております一般的なタイプの御首題を書かさせていただいております。

 

 

Q.期間限定ご朱印というのは、期間はどれ位設けられているのですか?

 

A.期間限定ご朱印は、基本的には毎月設けております。ですので、その月が期間となります。

 

Q.予約のサイトを何度もいつ覗いても予約可能な日が出てきません。何曜日にやるなど決まっているのでしょうか?

 

A.ご朱印ご対応日なのですが、日々の法務の合間に行っているため、特定の曜日は設けておりません。今現在たくさんのご予約を頂いておりますが、キャンセルも多いため、お手数ですが、定期的に予約フォームをご確認下さい。

 

 

Q.○○寺さんのご紹介で観音院さんを知りました。他のお寺からのご紹介ですと一般的な予約枠とは別にご朱印を書いていただけたりするのですか?

 

A.他のお寺様のご紹介であっても、ご朱印に関しましては、ホームページのご予約フォームから皆様ご予約をしていただく形となっております。ご理解の程よろしくお願い致します。

 

 

Q.ご朱印の予約をしても、もし突然の法務などで予約した日のご朱印授与が中止になった場合、別の日に対応いただくなど補填はありますか?

 

A.法務が最優先となりますのでせっかくご予約されてもご対応ができない場合がございます。その際は大変申し訳ございませんが、別日の振替などは設けておりません。ご理解の上ご予約ください。

 

 

Q.予約をして、ご朱印の予約日当日、予約時間の10分前に来たのですけれども、予約時間を過ぎてもご朱印授与をしていただけず、次の予定が入っていて待てない場合、どのような対応していただけますか?

 

A.基本的にご朱印授与は、ご朱印授与だけではなく、ご挨拶、法話、ご祈願、時にはご朱印授与の方からたくさんのご質問をいただくことがあり、予定の時間枠を過ぎてしまうことが多々あります。また、ご朱印ご予約の方が予約時間を大幅に遅れて来られた場合、お時間がずれたり、順番が前後したりすることがございます。観音院ではお一人お一人のご朱印授与を大切にしており、一般的なご朱印授与よりもお時間がかかることが多々ございますので、お時間には余裕を持って来ていただけると有り難いです。

 

 

Q.観音院のご朱印を欲しいのですが、年齢的に難しかったり、そもそもパソコンが苦手だということで、予約を取れないのですが、ホームページの予約フォームから予約を取る以外で何か別の対応はしていただけないのですか?

 

A.基本的に観音院ホームページのご予約フォーム以外での予約は承っておりません。観音院のご朱印は、ご朱印の予約から「修行」が始まっております。年齢を問わず皆様平等にさせていただいておりますので、ご理解の程宜しくお願い致します。
 

Q.家族みんなでご朱印を楽しんでおります。家族それぞれの名前で予約をして、一冊のご朱印帳に書いていただくことは可能でしょうか?

A.ご朱印は参拝者の方に授与させていただく「修行の証」です。ご朱印帳はその方の「修行の記録」となります。ご自身のご朱印帳はその修行の証として最期には棺の中に納めるものであります。そのため、ご家族で同じご朱印帳を共有されている方もいらっしゃいますが、本義としてはご朱印帳はその修行者のみの物で、共有するものではないと観音院では考えております。ご朱印帳のご予約をされる際、ご自身だけではなくご家族の名前でも予約を取り、同じご朱印帳にご朱印を授与してもらうというのは、本義から外れてしまいます。そのため、ご家族の名前でご朱印のご予約を取られたとしても、ご予約を取られた方のご朱印帳にしかお書きできません。お手数ですが、観音院のご朱印授与に来られる方は、家族共有のご朱印帳ではなく、ご自身の修行の記録のため、ご自身専用のご朱印帳をご持参下さい。

 

​観音院からのお願い

御朱印授与をはじめさせて頂き、お陰様で様々な方にご参拝して頂けるようになりました。

本当に心より感謝申し上げます。

ほとんどの方はお寺に対し、礼儀正しくマナーを守って

頂きながらご参拝頂けてとてもありがたく感じております。

ですが、ほんの一部、ごくほんの一部なのですが、マナーがなく、まるでお店にイラストを買いに来られるような方、また、接客のようなサービスを求められるような方がいらっしゃいます。

ご朱印は「参拝の証」です。

​「参拝」とは「ご神仏に対する心の姿勢です」。

その方の参拝に対する思いやご修行の証として授与する物です。

また、御朱印帳は最期に棺に納めるものでありますので、皆様にも仏教修行者としての以下の最低限のマナーの御遵守をお願いさせて頂いております。

​御朱印授与ご予約の方、御朱印授与をお考えの方は必ずご一読くださいますようよろしくお願い申し上げます。

一、観音院の備品の使い勝手や観音院のシステムに文句を言われる方。

一、観音院のシステム以外の話を持ち掛け、過度なご要求をされる方。

 

一、御朱印に関してイラストレーターに依頼をするような、御朱印の書き方に対する文句、細かいご指摘やご注文をされる方。

 

一、他の神社、寺院と比較をして「○○寺ではこうしてくれた」等の過度なご要求をされる方。

 

一、「法話は他のお寺で聞いてきたからいらない」等、お寺、僧侶に対して最低限の礼節を欠く言動、態度をされる方。

 

一、法話中や、祈願中に居眠りや貧乏ゆすりなどをして、観音院のお堂内で参拝する姿勢がなく、ご朱印だけ早くもらって帰ろうとする方。

その他、お店の接客サービスのようなものを求められたり、ご朱印授与にふさわしくない態度、暴言を吐かれたりされる方。

以上のようなことに当てはまる方は、大変申し訳ございませんがご予約をされてご来寺された場合でも、ご朱印授与をお断りさせて頂き、以後、ご来寺自体を固くお断りいたしますので、ご理解の程どうぞよろしくお願い致します。

 

観音院のご朱印は、「仏道修行」の一つです。

 

ご朱印帳は本来お一人様一冊ご自身の御朱印の参拝記録として持たれ、亡くなった時にご自身の仏道修行の記録、証として棺に納めるものでございます。

 

そのため私も時間がかかってしまっても一体一体真剣に書かさせていただいております。

 

ご朱印授与はスタンプラリーではございませんので、ただご朱印だけが欲しい方、またお寺に参拝に来る態度ではない方、文句を言われる方、お寺で参拝するにふさわしくない言動や態度を示される方は、たとえご予約をされていらっしゃっても、ご朱印授与はその場でお断りいたしますので、どうぞ宜しくお願い致します。

​                   観音院 代表 可知雅康