こちらのご朱印は絵画としてお楽しみ頂く絵画バージョン、御首題お書入れご朱印バージョン(書置き専用ご朱印)の2種類の展開となっております。

 

こちらの絵画シリーズはご朱印のお書入れのない絵画としてもお申込みを受け付けているため

 

ご朱印としてのお申し込みの場合、御首題お書入れバージョン(+1200)をご選択の上お申し込みください。

 

 

観音院創作絵画シリーズ 『幻の寺院を目指して時空を旅する僧侶』

 

僧侶の仕事とは何だろうか。

 

葬儀や法事だけが僧侶の本当の仕事だろうか。

 

昔ある国の山奥の小さな村に、

 

「過去、現在、未来」の境がなく

 

一度目を瞑ると時空を超えて過去や未来に自由に行き来できる珍しい僧侶がいた。

 

その僧侶の仕事はしばしば人の相談に乗ることだった。

 

でも相談と言ってもただただ相談に来た相手の話を聞くだけで、

 

しばらくして話を聞き終えると

 

僧侶はニッコリと笑顔で「大丈夫ですよ」と相談者を励まし、

 

合掌して礼拝するだけだった。

 

村の人ははじめその僧侶を「変わった僧侶」だと笑っていたが、

 

しばらくして相談者の人生に不可思議な現象が起き始め人生が驚くほど好転した。

 

相談をした村人たちが「あのお坊さまに相談すると人生がどんどん良くなっていく」

 

と村中で騒ぎになり、

 

その噂はたちまちにその国だけではなく世界中に広がっていった、、、、、

 

観音院創作絵画シリーズの第1回目 

 

『幻の寺院を目指して時空を旅する僧侶』

 

こちらのご朱印のテーマは

 

悩み苦しむ人を救うため、

 

「過去、現在、未来」の時空を超えて

 

異次元空間の時空を旅する僧侶の1コマを

 

「普通の人には見ることができない幻想世界」として絵に表現致しました。

 

村人の相談を受けた後、

 

この僧侶は何のために幻の寺院を目指して時空を旅したのでしょうか、、、、、

 

日本の僧侶の在り方の概念を覆すこの僧侶の存在。

 

貴方は信じることができますか。

 

観音院オンライン授与所のご朱印は

 

絵画のようにご朱印を日々の生活空間の中にさりげなく飾ることで、

 

「観て楽しみ」、「人に見せて楽しみ」、「お守りご朱印としての役割」も果たす、何気ない生活の中

 

にご朱印と共に過ごす贅沢な時間を過ごして頂く、、、、

 

そんなコンセプトから生まれた仏画シリーズ、ミッドナイトシリーズに続く

 

「観音院創作絵画シリーズ」の第一弾。

 

通常見開き御朱印サイズ1面分に

 

僧侶の世界で位の高さや高貴とされる「紫色」を基調に

 

「幻の寺院を目指して時空を旅する僧侶」の絵画が色鮮やかにデザインされており、

 

その真ん中に絵画のイメージに合った、紫色のラメ的なキラキラする特殊な塗料で御首題を伸びやかに大きく書き上げ、

 

「普通の人が目にすることができない僧侶が旅する時空を超えた幻の世界」というテーマで、

 

幻想的な世界とお題目の現実的な世界の狭間にある「信じる人にしか見ることができない世界」という世界を表現しました。

 

観音院では仏画シリーズや四季彩りのお花シリーズをはじめこの「観音院創作絵画シリーズ」も

 

色鮮やかな色彩を楽しんで頂くために、

 

特殊な陰夔で刷り上げた用紙に書き上げる観音院にしかないオンラインオリジナルご朱印です。

 

※こちらの絵画シリーズは「ご朱印のお書入れのない絵画」としてもお申込みを受け付けているため

 

ご朱印としてのお申し込みの場合、【御首題お書入れバージョン(+1000)】をご選択の上お申し込みください。

 

こちらの創作絵画シリーズの書き置きご朱印はご朱印帳に貼り付けるだけではなく、「飾れるお守り」として授与させて頂いています。

【観音院創作絵画シリーズ 幻の寺院を目指して時空を旅する僧侶 】絵画、ご朱印

¥2,000価格
消費税込み
  • 見開き用紙(21.0cm×15.0cm×1面 )に観音院オリジナルの創作絵画がデザインされた「御首題の書き入れがない絵画バージョン」と「御首題の書き入れがあるご朱印バージョン」の二種類があり、ご朱印は書き置きご朱印となります。